古武術を活用した最先端の體(カラダ)の使い方を学ぶなら

 



 

自己紹介

 

こんにちは。

 

当サイト管理人の布袋(ホテイ)と申します。

 

 

当サイトにご訪問いただきまして、ありがとうございます。


 

ここでは簡単に自己紹介させていただきます。

 

2017年3月まで京都府の府立高校の教員をしておりました。
1985年4月に京都府立鳥羽高校定時制の教諭として教員生活をスタートし、それから30数年間卓球部の監督として男女高校生を指導してきました。

 

卓球部監督としての主なキャリアは鳥羽高校(定時制)で4年間(常勤講師1年含む)、洛東高校(全日制)で24年間になります。

 

この間、指導者として定時制時代には全国定時制通信制全国大会に出場し、全日制に転勤してからは全国インターハイ、全国高校選抜卓球大会、全日本卓球選手権大会ジュニアの部などの各種全国大会に男女延べで20数回出場し、全国大会優勝も経験しました。(詳しい指導実績はこちら

洛東高校卓球部監督時代には、選手を連れて6回中国に行って卓球世界一の中国の卓球技術を学びました。

そして運動力学やメンタルトレーニングなどのスポーツ科学を専門の大学の先生から学び、2007年からは武術研究者の甲野善紀先生との出会いをきっかけに、甲野先生のお弟子さんの高橋佳三先生(びわこ成蹊スポーツ大学教授)に師事して古武術を学び、スポーツ科学を超えた古武術の身体操法を卓球の動作に落とし込むという指導を行なうようになりました。(写真は高橋佳三先生と私。於:びわスポ大)

 

そしてこのような指導をしていく中で、古武術の身体操法を卓球の動作に落とし込んで行くと、結果的に中国の卓球になっていくことに気づきました。

 

今、2017年3月の定年退職を機に30数年に及ぶ指導を通して、このようにして身につけたスポーツ科学に基づいた動作やメンタルの知識や、古武術の身体操法を取り入れた骨を豊かに使った、人として自然な「體(カラダ)」の使い方を1人でも多くの方々のお伝えしていきたいと考え、この度このようなアカデミーを立ち上げました。

 

私は中学1年生で卓球を始めましたので、このアカデミーを立ち上げた2017年で卓球と関わって49年、つまりおよそ半世紀もの間卓球と付き合ってきたことになります。この半世紀は単に長いだけでなく相当濃い半世紀でもありました。
(私の詳しいプロフィールはこちら)

 

そして定年退職を迎えた今後は、卓球を通してこの半世紀の間に培ってきて身につけた知識や技能のノウハウを、この間お世話になってきた卓球界にこれから還元していきたいと考えておりますのでよろしくお願い致します。

 

2017年4月吉日  布袋 裕彦(ホテイ ヤスヒコ)

 

「布袋式古武術卓球メソッド」とは

 

布袋式古武術卓球メソッドの会員映像を無料プレゼントします!

 

【LINE友だち追加登録者限定】

 

173分の会員映像を無料進呈!

 

高校卓球部指導者時代は全国優勝!

 

映像を見るだけで卓球が上達する、強くなる、勝てるようになる。

 

2020年発売のヒモトレ卓球DVD本編の150分に対して、全部で173分とDVDより長く、ヒモトレだけではない布袋式古武術卓球メソッドを紹介した、布袋卓球アカデミーの有料会員映像2本をLINEで無料配信します。

 

「基礎編・技術動画Vol.2」

〜CレベルがAレベルになる〜 (46分)

 

「メンタル編・実技Vol.7」

〜ヒモが心と体をつなぐ・「力み」をとる〜 (127分)

 

以上をLINE友達追加登録してくれた方に全て無料で差し上げます。

今すぐご登録ください。

 

最先端スポーツ身体操法布袋卓球アカデミー有料会員映像

「基礎編・技術動画Vol.2」と「メンタル編・実技Vol.7」を

LINE友だち追加してくれた方に「無料プレゼント」!

 

<LINE友だち追加は以下から>

↓↓↓



(気に入らなければいつでもブロックできます)

 

※映像は全て無料です。希望者に、布袋式卓球アカデミー第5期の映像会員や、滋賀県で実施している講習会のご案内(一部有料)をすることがあります。
気に入らなければブロックすれば全ての配信が止まります。また、LINE社の規約とシステムの関係上、友達追加した人のLINE名以外の個人情報をこちらが収集したりすることはできませんのでご安心ください。

 

「LINE友だち追加登録」をしてくれた方に以下の内容を無料プレゼント!

 

<配信内容>

 

*「基礎編・技術動画Vol.2」C〜レベルがAレベルになる〜

(45:44)

 

No.01 布袋式古武術卓球の上達曲線(05:48)

〜Cレベルの人がAレベルを体験できる〜

 

No.02 縦に強い姿勢を作る(12:09)

〜前傾姿勢、つま先立ち、拇指球神話を検証する〜

 

No.03 卓球とヒモトレ(05:39)

〜上腕にムエタイ巻き〜

 

No.04 ココロのバランスボード(09:49)

〜力めない姿勢と力むしかない姿勢〜

 

No.05 CレベルからAレベルになるために(12:19)

〜BからAの間のギャップを埋めていく〜

 

 

*「メンタル編・実技Vol.7」〜ヒモが心と体をつなぐ・「力み」をとる〜

(2:07:19)

 

No.1「力み」の正体(18:04)

〜「緊張」と「弛緩」〜

 

No.2 「グリップの力み」をとる(17:35)

〜ちょうど良い塩梅〜

 

No.3 ヒモトレで「体の力み」をとる(13:45)

〜へそヒモ〜

 

No.4 「脚の力み」の正体(20:35)

〜脚ヒモ〜

 

No.5 「フットワークの力み」をとる(5:46)

〜ロールバー式バランスボード〜

 

 

No.6 つながる体・動ける体(その1)(15:13)

〜膝下ヒモ〜

 

No.7 つながる体・動ける体(その2)(4:29)

〜バタフライたすき掛け〜

 

No.8 つながる体・動ける体(その3)(27:40)

〜最速の動き〜

 

No.9 心の緊張は「心の力み」(4:12)

 

以上をLINEの友だち追加登録してくれた方に、全て無料で差し上げます

 

※布袋裕彦プロフィール
京都府立高校で30数年卓球部監督を務め、中国にも6回渡航して世界チャンピオンを何人も輩出した名門の北京チームで中国卓球技術を学び、古武術の身体操法を卓球に落とし込むという独特な指導法で中学時代無名の「普通」の選手を短期間で「別人」に変え、全国高校選抜大会優勝をはじめとして、全国大会に20人以上出場させる。高校教員定年退職後「最先端スポーツ身体操法布袋卓球アカデミー」を設立し、独自が開発した「布袋式古武術卓球メソッド」を使った「正しい卓球」の普及活動を始める。2021年7月現在、会員数140名以上。DVDも3作発売し総販売本数2,000本を超える。

 

第5期映像会員募集中

 

京都府立高校卓球部監督時代に、当時指導していた選手を連れて中国で6回合宿し、6回中4回は世界チャンピオンを何人も輩出している名門の北京チーム訪れて、世界一の中国の卓球技術を学びました。
その後日本で古武術との出会いがあり、古武術の先生方から「古武術の身体操法」を学ぶようになり、そこで学んだ「正しい体の使い方」を卓球に落とし込むというコーチング法を開発しました。

 

このコーチング法を開発して指導するようになってからは、驚くべきことに選手の伸び方の速度がそれ以前と比べて3〜4倍ぐらいのスピードで伸び始め、中学時代全国大会はおろか、京都府大会にも行けないレベルで入部してくる「普通」の選手たちを化けさせて近畿大会の団体で3位入賞したり、全国大会出場選手を何人も輩出するようになりました。

 

さらに驚くべきことは、私が開発した古武術の身体操法を卓球に落とし込んだ「布袋式古武術卓球メソッド」ですが、このメソッドで指導していくと、なんと結果的に中国の卓球になっていくのです!

 

ある日、このことに気づいたとき、思わず身震いしたことを思い出します。

 

何回も中国に渡航し長年研究してきた「中国卓球」と、「古武術」が偶然にも融合した訳です。

 

その結果、古武術の身体操法を使って中国の卓球に導くことができるコーチング能力を身に着けることになりました。

 

そして、これを「布袋式古武術卓球メソッド」と名付けて、今このメソッドを必要とする方に会員になってもらい、このメソッドをお伝えするという活動を行っているところです。

 

当アカデミーに入会してこられる方の年齢層は実に幅広く、10代前半から70代まで年齢に関係なく卓球に夢や目標を持ち、全中やインターハイを目指す若い選手からマスターズを目指す年配層まで、向上意欲に溢れる卓球に真摯に取り組んでいる方が入会してこられます。

 

先日も兵庫県の会員さんから念願の全日本マスターズ(30代の部)の県代表になったとの喜びの声が寄せられました。

 

会員にはプレーヤーだけでなく中学や高校で中高生を指導している部活動顧問の先生方や外部指導者の方も多くおられ、当アカデミーに入会してから自チームが団体で県大会で初のベスト8に進出したとか、団体でベスト4に進出して東海大会や関東大会などのブロック大会出場が決まったという報告も多く届いています。
この調子だと近いうちに会員さんの中学や高校のチームが全国大会に出場する日も近いのではないかと感じています。

 

今までその都度定員を定めて第4期募集まで4回に分けて会員を募集してきて、その間で130名余りの方に会員登録いただき、この130名の方たちと「本物」の卓球を追及する活動をしております。(現在すでに第5期会員も入会しており総会員数は140名を超えています)

 

現在、「第5期映像会員」募集中です。

 

今回の募集定員は先着順30名です。(2021年6月現在で16名/30名です)
(今回の第5期映像会員の募集が終了すると、新たに次の会員募集がいつになるか分かりません。)

 

布袋卓球アカデミーは真摯に卓球に取り組んでいる「本物」をもとめている卓球人のための卓球アカデミーです。

 

正しい努力の方向性が分からず、迷い道に迷い込んでしまっている方を「正しい努力の道」に導きたいと思います。

 

「布袋式古武術卓球メソッド」を本当に必要としている卓球人の方に入会して頂きたいと思っています。

 

今ならLINEの友だち追加登録で、布袋式古武術卓球メソッドが本物であるかどうかを知ってもらうため、布袋卓球アカデミーの会員映像を2本無料プレゼントしています。
そして布袋卓球アカデミー第5期映像会員についてのご案内をさせて頂いています。

 

友だち追加登録をしてまずは2本の会員映像をゲットしてください。



最先端スポーツ身体操法布袋卓球アカデミー概要

 

最先端スポーツ身体操法布袋卓球アカデミー(以下、布袋卓球アカデミー)は「卓球の学校」です。

 

布袋卓球アカデミーのコーチングメソッドの特徴は
(1)人間なら誰でも元々持っている「能力」を開発することで、最速で上達する「正しい卓球」を伝えることを目的としています。

 

(2)その「正しい」の基準となっているのが「古武術の身体操法」です。

 

   そして「映像会員」はその「正しさ」が学べるようになっている「サテライト式卓球通信教育」になります。
(「古武術の身体操法」については甲野善紀先生の術理をお手本とし、普段は甲野善紀先生のお弟子さんの高橋佳三先生(びわこ成蹊スポーツ大学教授)に古武術の身体操法を習い、それを私が卓球の技術や動作に落とし込んで、布袋卓球アカデミーの会員の皆様に指導するというようなことをやっております。<甲野先生や高橋先生の略歴や私との関係などはこのホームページ内をご覧ください。>)

 

「映像会員」のシステム
「映像会員」は「映像」「解説書」「理解度チェックシート」の3本立てで、「布袋式古武術卓球」メソッドをカリキュラムに従って学んでいくシステムになっています。

 

@「映像」

 

学校なので授業があります。通信教育なので「映像」が授業にあたります。映像を使った授業なので「サテライト式授業」ということになります。
布袋卓球アカデミー制作の布袋式古武術卓球メソッドを解説した、布袋式古武術卓球「技術動画」「会員講習会」そして各種「特別講習会」の動画を見て学んでいただきます。

 

「特別講習会」動画は、「布袋式古武術卓球」の根幹となっている身体の使い方を教えるプロの先生方と布袋が、コラボで講習会をやった模様を編集したものになります。

 

ここに「布袋式古武術卓球メソッド」のルーツがあります。

 

会員映像の「技術動画」ではテーマを決めて、映像の中でモデルになってもらっている選手を、限られた時間の中で毎回上達させていくプロセスを見てもらいます。

 

会員講習会の動画もありますが、その動画でも同じく、布袋の古武術卓球メソッドによって講習会に参加している会員の皆さんをどんどん別人のレベルにしていくプロセスを見てもらいます。
そしてどのようにすれば別人になれるのかを、そのプロセスの途中で詳しく説明しています。

 

基本的に私がやっていることは「人間なら誰でも持っている『能力』を開発しているだけ」です。

 

だから誰でも毎回「別人」のレベルに変身して行きます。

 

でもこれは実は「別人」になっているのではなくて「元々の自分になっている」だけなのです。

 

私のコーチングは、元々持っているのに使えていなかった身体の機能を呼び起こすという作業になりますが、それがものすごい結果をもたらします。

 

そのプロセスがこの布袋卓球アカデミーの「会員映像」のシリーズでご覧になれます。

 

いずれの動画も、このように1本の動画の中で、布袋式古武術卓球メソッドのコーチングを受けている人達がどんどん変身していき、別人のレベルになっていくという内容なので、世間によくある「卓球技術DVD」とは全然違うアプローチで制作された「目から鱗」の衝撃の連続の映像になります。

 

映像は会員専用の映像サイトにアクセスし、パスワードを入力してもらって見てもらう形式になります。スマホでも見ることができますが、ダウンロードは出来ません。

 

A「解説書」

 

各映像には映像の内容を詳しく説明したPDFの「解説書」が付いています。
この「解説書」が教科書にあたりますから、いわば「技術教科書」です。

 

strong>この「解説書」はダウンロードして印刷することができます。

 

映像の中でもできるだけ口頭で説明をしていますが、それに更に補足を加えた詳細説明が書かれています。

 

これも他の卓球技術DVDや卓球動画ではないシステムです。

 

B「理解度チェックシート」&「理解度チェック回答シート」で添削指導のアフターフォロー付き

 

「理解度チェックシート」は、教科書の内容を要約した「サブノート」にあたるもので、古武術卓球の教科書にあたる「解説書」を見ながら(  )内を埋めていき、「古武術卓球」メソッドの理解を深めるためのものです。

 

「理解度チェック回答シート」はその「回答用紙」で、この回答シートに回答を記入して送信してもらいます。

 

この回答シートは送信とともに自動で採点され、不正解の箇所には「正答」が示される仕組みになっているので、自分でチェックできます。
そして私がその「回答」に目を通して採点ミスなどをチェックしてスコアの結果を皆さんにお知らせします。

 

同時に不正解の箇所は「添削」して返します。
質問がある場合はこの回答シートの質問欄を通して質問をすることもできます。

 

この「理解度チェックシート」は、学校でいうなら「レポート提出」や「小テスト」に当たります。

 

このシステムを使って映像や解説書についての理解度をチェックし、正しい知識を身につけてもらいます。

 

このようなアフターフォローがついているのも、他ではなかなか見られないシステムです。

 

C「スクーリング」

 

通信教育には年に何回か学校に行って直接指導を受ける「スクーリング」があります。

 

布袋卓球アカデミーでは夏にある「夏季会員合宿講習会」がこの「スクーリング」にあたります。

 

布袋卓球アカデミーの会員は関西だけでなく、東北、北信越、関東、東海、四国、中国、九州の全国各地にいますので、全国中の会員さんが年に1回は、布袋卓球アカデミーのホームグラウンドの滋賀県大津市で1堂に会して集まれるように、8月の土日に1泊2日で行っています。

 

これ以外にも滋賀県大津市で毎月数回の「会員講習会」を行っていますので、こちらに参加もできます。

 

ただしこれらの会員講習会に参加するには、まずは動画を5本見てもらうことが条件になります。

 

最初に配信される映像を5本見た段階で新規の「映像会員」の皆さんも「会員講習会」に参加できるシステムにしてあります。

 

なぜそうしているかというと、いきなり古武術卓球「会員講習会」に来ても、知識面等で周りとのギャップが大きくて、先輩会員のみなさんについていけないからです。

 

そこでまず「映像会員」として、最初に配信される映像を5本見て「古武術卓球」の基礎知識や概略を学んでいただいて、古武術卓球の理解に努めてもらいます。

 

このようにして先輩会員のみなさんとのギャップを埋めて頂いてから「会員講習会」に来ていただくことによって、有意義な時間を送っていただけるようになります。、

 

この「会員講習会」が直接の授業に当たります。
日頃、映像で学んでいただいていることを直接指導を受けてもらい「正しい『感覚』の共有」を図り、さらに理解を深めてもらいます。

 

(注)
(現在はコロナ禍のため、前述のようなスクーリングに当たる夏季会員合宿や、毎月の滋賀県大津市での会員講習会は開催できておりません。その代わりに今は毎月オンラインでの講習会を行っています。これも会員のみが参加できる会員講習です。)

 

「布袋卓球アカデミー」は以上のような日本で唯一の、通信教育システムになっている、「卓球の学校」を目指す有料「卓球コミュニティ」です。
会員の中には元全日本マスターズチャンピオンや元パラ卓球日本代表の方もおられます。

 

 

「映像会員」についてのお問い合わせは下記のフォームからお願いします。

 

「映像会員」お問い合わせはこちらから

 

 


トップページ 無料動画で体験古武術卓球 古武術卓球とは? 講習会日程 会員映像紹介