古武術を活用した最先端の體(カラダ)の使い方を学ぶなら

自己紹介

 

こんにちは。

 

当サイト管理人の布袋(ホテイ)と申します。

 

 

当サイトにご訪問いただきまして、ありがとうございます。


 

ここでは簡単に自己紹介させていただきます。

 

2017年3月まで京都府の府立高校の教員をしておりました。
1985年4月に京都府立鳥羽高校定時制の教諭として教員生活をスタートし、それから30数年間卓球部の監督として男女高校生を指導してきました。

 

卓球部監督としての主なキャリアは鳥羽高校(定時制)で4年間(常勤講師1年含む)、洛東高校(全日制)で24年間になります。

 

この間、指導者として定時制時代には全国定時制通信制全国大会に出場し、全日制に転勤してからは全国インターハイ、全国高校選抜卓球大会、全日本卓球選手権大会ジュニアの部などの各種全国大会に男女延べで20数回出場し、全国大会優勝も経験しました。
(詳しい指導実績はこちら

洛東高校卓球部監督時代には、選手を連れて6回中国に行って卓球世界一の中国の卓球技術を学びました。

そして運動力学やメンタルトレーニングなどのスポーツ科学を専門の大学の先生から学び、2007年からは古武術研究家の甲野善紀先生に師事するようになり、スポーツ科学を超えた古武術の身体操法を卓球の動作に落とし込むという指導を行なうようになりました。

 

そしてこのような指導をしていく中である日、古武術の身体操法を卓球の動作に落とし込んで行くと結果的に中国の卓球になっていくことに気づきました。

 

今、2017年3月の定年退職を機に約30年に及ぶ指導を通してこのようにして身につけたスポーツ科学に基づいた動作やメンタルの知識や、古武術の身体操法を取り入れた骨を豊かに使った人として自然な「體(カラダ)」の使い方を1人でも多くの方々のお伝えしていきたいと考え、この度このようなサイトを立ち上げました。

 

私は中学1年生で卓球を始めましたので、卓球との関わって今年で48年、つまりおよそ半世紀もの間卓球と付き合ってきたことになります。この半世紀は単に長いだけでなく相当濃い半世紀でもありました。(私の詳しいプロフィールはこちら

 

そして定年退職を迎えた今後は、卓球を通してこの半世紀の間に培ってきて身につけた知識や技能のノウハウを、この間お世話になってきた卓球界にこれから還元していきたいと考えておりますのでよろしくお願い致します。

 

2017年4月某日  布袋 裕彦(ホテイ ヤスヒコ)

 

 

 

4月は桜と古武術卓球祭り

 

〜甲野善紀先生と古武術卓球の布袋監督のコラボ企画!!

 

今回は布袋卓球アカデミーの開講祝いとして超特別価格で、豪華な講習会を用意いたしましたので皆様、是非ともご参加ください!!
甲野先生を始めワールドラバーマーケットのXia君、やっすん、はじめちゃんも来ます!!
なんと今回はわずかワンコイン(500円)の講習会です!!
4月の講習会は全て布袋卓球アカデミー開講記念の超特別価格になっています!!
各講習会当日の飛び入り参加もOKです。この機会を是非!!

 

(1)4月22日(土)古武術卓球祭り初日                     
@第1部 古武術の身体操法            
〜甲野先生古武術講習会〜


○ 講師  :甲野善紀(古武術研究家)
○ 場所  :におの浜ふれあいスポーツセンター(滋賀県大津市) 
○ 時間  :13時30分〜15時

 

A第2部 古武術をスポーツに応用する
〜古武術 for sports 卓球編〜

 

○ 講師  :甲野善紀 布袋裕彦(元洛東高校卓球部監督)のコラボ企画
(ゲスト)Xia,やっすん,はじめ(共にWRM)
○ 場所  :におの浜ふれあいスポーツセンター(滋賀県大津市)
○ 時間  :15時15分〜16時45分

 

○ 講習料:非会員500円/会員無料

 

<甲野先生を囲んでの懇親会>
講習会終了後、甲野先生を囲んでの懇親会をする予定です。いつも懇親会の方が講習会よりも濃いと評判の甲野先生の懇親会に是非おいでください。会費は現地集金で3千円(メニューは中華料理)。時間は18時からです。参加ご希望の方は当サイト内のお問い合わせフォームより、お問い合わせ内容の欄に@「甲野先生懇親会参加」と明記し、フォーム内のA名前Bメールアドレスの欄も記入して申し込んでください。予約の関係上4月18日(火)締め切りとさせてもらいます。申込みはこちらのお問い合わせフォームからお申込みください。

 

(2)4月23日(日)古武術卓球祭り2日目
@第1部  Xia論法卓球講習会     


○ 講師  :下川裕平(ワールドラバーマーケット)
○ 場所  :大津市勤労者体育センター(滋賀県大津市)
○ 時間  :13時30分〜15時

 

A第2部  布袋式古武術卓球講習会

 

△4月22日(土)2部でやった以外の古武術の身体操法を卓球に応用した技術を紹介いたします。
○講師  :布袋裕彦(元洛東高校卓球部監督)
○場所  :大津市勤労者体育センター(滋賀県大津市)
○時間  :15時15分〜16時45分

 

○講習料:非会員500円/会員無料

 

 

(3)4月29日(土)>〜布袋式古武術卓球講習会〜

 

○講師  :布袋裕彦(元洛東高校卓球部監督)
○場所  :京都テルサスポーツホール(京都市南区)
○時間  :13時30分〜16時30分
○講習料:非会員500円/会員無料

 

(4)4月30日(日)〜布袋式武術卓球講習会〜
○講師  :布袋裕彦(元洛東高校卓球部監督)
○場所  :におの浜ふれあいスポーツセンター(滋賀県大津市
○時間  :13時30分〜16時30分
○講習料:非会員500円/会員無料

 

*各講習会の講習会料は会場でお支払い下さい

 

*当日の飛び入り参加も受け付けますが出来るだけ以下の様式での事前申し込みをお願いします。
1)講習会申込みについては「講習会申込み」の中にある講習会申込み予約フォームを送ってください。
申込み予約フォームはここ

 

2)「お問い合わせ」フォームからの申込みも受け付けますができるだけ1)の方法でおねがいします。お問い合わせフォームから申込みされる方は「お問い合わせ内容」の欄にに必ず1〜8項目を記入して申し込んでください。
お問い合わせフォームはここ
1.名前 2.ふりがな 3.メールアドレス 4.住所(郵便番号明記) 5.性別 6.年齢 7.会員か非会員か記す 8.参加する講習会の月日曜日
を必ず書いて申し込んでください。

 

*会員登録をしていただくと今回の講習会費は無料です。さらに今後の講習会の参加も無料になるなどの様々な会員特典があります。詳しくはこちら

 

*会員登録はこちら 

 

 

古武術卓球祭り大好評のうちに終了しました!!

*4月22日23日に滋賀県大津市において2日間に渡って開催された「古武術卓球祭り」大好評のうちに終了いたしました。
初日の22日は第1部は古武術研究家の甲野善紀先生を迎えての古武術講習会。第2部は甲野先生と布袋による古武術と卓球のコラボの講習会というよりも、研究会。
翌23日はワールドラバーマーケットのXia君こと下川裕平さんのXia論法講習会と布袋式古武術卓球講習会。2日間で4部構成の講習会でしたが、それぞれの個性と持ち味の出たおもしろい講習会だったように思います。


甲野先生の68歳とは思えないような素早い動きに、真剣の重さを使って目にも止まらぬ速さで扱う剣捌き。この甲野先生の身体操法に卓球を良くする大きなヒントが見え隠れしていると、新たなインスピレーションをもらいながら見ていました。
あの素早い動きに、あの飛距離。これだけ見たら世界一の中国の卓球選手を上回っています。まちがいなく甲野先生の動きの方が速い。
剣の扱いの説明でも、重さを使うことができれば重い剣の方が軽い竹刀より速く動かせると言ってましたが、これも卓球に置き換えれば重いラケットの重さを使うことができれば、重いラケットの方が軽いラケットよりも速く動かせるということになります。
現に中国選手のラケットは日本選手のそれよりも重い。


ということは、フットワークは甲野先生並みの速さと飛距離が出せて、ラケットは中国選手より重いラケットを使って、甲野先生の剣捌きのようにその重さを使って中国選手よりも速いスイングスピードを出せれば中国を上回る卓球が創れることになるやないか!!
実際、甲野先生の剣裁きと同じスピードがもし卓球のラケットで出せたらこれは凄まじい威力のボールが出る。但しそれは重さを使う身体の捌き方がことができてこそ。その身体の捌き方の身体操法が出来れば、重いラケットの方が軽いラケットよりも速く動かせるという理屈が成り立つ。
そんなことを思いながら甲野先生の講習会をみていた私でした。


また新たな研究テーマとインスピレーションを甲野先生から頂きました。
こんな古武術卓球を一緒に追及していくコミュニティを作りたいと思い布袋卓球アカデミーの会員を募集しています。4月は29日30日にも布袋式古武術卓球講習会を行い、全部で4日間の「最先端スポーツ身体操法 布袋卓球アカデミー」の開講記念講習会を行い、その中で会員の募集をかけたところ10名前後の方に会員登録をしていただきました。
これからは会員向けの講習会や、会員限定視聴の講習会のビデオ。これも会員限定視聴の古武術の身体操法を使った古武術卓球の技術ビデオを作っていきたいと考えています。
古武術卓球の特徴は、人間がもっている潜在能力を開発して、誰もがもっている能力を使えるようにする、というものです。

ようするに身体を正しく使えば正しく卓球の動きやスイングもできるようになる、そんな世界を追求しているのが古武術卓球です。
古武術卓球に興味関心をもたれた方は是非とも会員登録をしていただき、講習会に来てこの世界を体験していただきたいと思います。
会員登録をして頂ければ講習会の参加費は永久に無料になります。
会員登録の詳細はこちら

 

 

 

(Xia君、鈴木さん、はじめちゃん、そして布袋さん、みなさんお疲れさまでした!)

 

 

五月もワンコイン(500円)体験講習会継続!!学生は体験講習会無料で参加OK!!

5月布袋式古武術卓球講習会予定

 

*5月の古武術卓球講習会の日程が決まりました。

 

4月の古武術卓球祭りが、超好評でした。しかし、「4月に参加し損ねました」「5月に参加したいけど、ワンコイン(500円)講習会が終わると予算が合わず、一度だけで良いので体験したい」という声がありましたので、布袋式古武術卓球講習会を体験した事がない方向けに、ワンコイン期間を延期しました。
さらに学生さんは、小学生から大学生まで多くの若い方に古武術卓球体験をしてもらいたい、という思いから初回体験は無料にしました。
但し、会員になっていない方に講習会を体験してもらう目的なので、ワンコイン(学生無料)は初回参加者のみ。
2回目以降の参加者は「通常価格1万円(学生5千円)」または「会員価格0円(会員はずっと0円)」で参加していただくことになりました。
4月のワンコイン(500円)講習会に参加された方も、5月の講習会の初回体験はワンコイン(学生無料)で参加できます。

 

今月は、部活帰りの中学高校生も来れるように夜の部の初回体験講習会も設けました。途中参加もOKです。気軽に体験にきてください。もおちろん社会人の方の初回体験も受け付けます。

 

5月講習会予定はこちらから。
参加希望の方は「5月講習会予約フォーム」から申し込んでください。5月講習会予約フォームはここ
お問い合わせはこちらから。

 

 

4月古武術卓球講習会を受講した方々の感想

4月に「最先端スポーツ身体操法 布袋卓球アカデミー」(以後「布袋卓球アカデミ」ー)を開講しました。
そして、
その開講記念として私のホームである滋賀県大津市の琵琶湖を目の前にした体育館で、4月22日は、第1部古武術研究家の甲野先生の古武術講習会。
第2部は甲野先生と私(布袋)との、古武術と卓球をコラボさせた古武術卓球の講習会というよりもむしろ研究会。
翌4月23日はのワールドラバーマーケットのXia君を招いて、第1部Xia論法卓球講習会。第2部布袋式古武術卓球講習会。

 

翌週の4月29日と30日は布袋式古武術卓球を体験してもらう布袋式古武術卓球体験講習会。
以上4日に渡って布袋4卓球アカデミー開講の記念講習会を開きました。
参加者は遠方の方が多く、東京、神奈川、埼玉の関東からの参加者や静岡、愛知、岐阜、三重の東海地方からの参加者、北陸の福井からの参加者もあり近畿はもちろん近畿以外からの遠方かもらかなり多数の方に参加いただき、4日間延べで50人を越える参加数があり好評を博して終了しました。

 

また、今回の講習会には残念ながら参加出来なかったのですが、4月11日に「布袋卓球アカデミー」のサイトを立ち上げ4月講習会の正式告知をしたところ、、
その告知をするや否や、すぐに布袋卓球アカデミーの会員になっていただいた会員第1号の方はなんと仙台市の方でした。
そしてこの4日間の講習を受けていただいた方のうち、約10名の方が布袋卓球アカデミーの会員になってくださいました。
今後は、この会員数を増やして、この人生をも豊かにしてくれる古武術の身体操法を知ってもらい、その身体操法を使った正に最先端を行く古武術卓球の素晴らしさを共有していくコミュニティを作っていきたいと考えております。
以下は4月の古武術卓球講習会を受講した方々の感想です。

 

(1)4月29日参加の Y さん。
先日、講習を受けた○○高校の○○です


昨日はありがとうございました
私自身、フォアが全然入らなくて
ペンでフォアが武器になってないとかで
すごく悩んでて、教えてくれる人もいるのはいますが、面がどうとかで改善はあまりされませんでした

 

布袋先生の授業を受けてから今日、練習、試合練習を
行った所、面白い程入るようになりました!!
周りの友達も、あまりの豹変に笑ってました。
布袋先生と出会えたこと心より感謝します
神様です

 

(2)4月22日 30日参加の Oさん。
先日はありがとうございました。

 

私自身、様々な内容を教えて頂いて、これは凄いと思ったことがあります。どの技術も力感が少なくなるのに、知らぬ間にスイングが速くなります。自分で振ろうとしていないのに、自然に手と體が一体化している様な感じがしました。

 

WT、背骨の積み直し、回転盤を利用して反作用の力を引き出すことなど、例を上げると切りがありません。


一つ一つの説明に、知識と経験の深さを感じました。

 

ドライブ、ツッツキ、サーブ、カット各技術での回転量の上げ方や、仙骨を使ったフットワークなど教えて頂きたい内容が沢山あります。またの機会に是非参加したいと思います。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

(3)4月30日参加の Oさん。
布袋先生

 

4/30に参加させて頂いた○○です。

 

先日は大変ありがとうございました。
自分のモヤモヤした壁に対する解決へのヒントを得た講習会になりました。

 

(4)4月22日 23日 29日 30日の4日間すべて参加の三重県の小河さん。
「布袋式古武術卓球講習会を受講した感想」

 

 お疲れ様です。(長文になります。)私は4月22.23.29.30日の計4回布袋先生の講習会に参加しました。 以前から私は卓球の上達を模索する内に身体理論やトレーニング方法に自然と興味を持ち、その分野の書籍を購入やセミナーに参加してました。
どれも素晴らしい理論で共鳴できるものでしたが、「これは卓球の場合、どのように使うのだろう」と常に思ってました。
 只、卓球は複雑な連続運動だけど、身体動作としては他分野の動きと共通するものがあるのではないかとも感じてました。 そんな疑問を払拭してくれたのが、布袋式古武術卓球です。
 以前より古武術は書籍で読んだ程度の知識でしたが、このコミュニティーで布袋先生の投稿や動画を見ている内に先生の理論を学びたいと思うようになりました。

 そして満を時して4月22日第一回目が「におの浜ふれあいスポーツセンター」で甲野先生と、23日第二回目は「大津市勤労者体育センター 」でWRMとの合同講習会でした。布袋先生の講習自体は約一時間半程でしたが、とても内容が濃く新鮮でした。中でも印象的だったのが、姿勢を改善することで、打球の威力が増すというものでした。先生曰く「まず、しっかり立っことが、基礎となる」という言葉が残りました。あちこちで鋭い打球音が響いてました。
抽象的ですが、打球前に置いてある力が打つとそのまま平行に力が動いて行く感じです。力感は余りないです。

 

  29日は「京都テルサスポーツホール」30日は「におの浜スポーツセンター」で行いました。二日とも主に初回の人対象の講習会でしたが、私は個別に相談したいこともあり復習を兼ねて参加させてもらいました。

 

 写真上が29日の一コマです。22日の講習会に参加した方は覚えていると思いますが、「旋段の手」という指が動かない手の形を作り座っている先生を起こす動作です。


腕力には自信がある私ですが、やはり腕だけでは無理です。そこで体全体を使うと引き上げることができました。腕だけに全ての仕事をさせないということですね。

 下の写真は30日のものです。「手は掴むだけ」練習です。出してもらったボールをそのまんま掴むのですが、その後、左足を使って回転します。イメージをし易くする為に先生は「でんでん太鼓」を出してくれました。次にラケットを持って、でんでん太鼓のイメージで回り込みをしました。実はこの時ヒモトレ用のヒモをたすき掛けにしてたのですが、勢いが良かったのか、ヒモが外れてしまいました。(笑)
 先程のでんでん太鼓もそうですが、先生の講習会には動作をイメージするのに色んな小道具が登場します。

 

  例えば、垂直姿勢で打つ時は積木を出したり、腰の動きを理解させるにはテレビで使う回転台を用いたり。それこそ百均で売ってるような物が多く、動機付けをするのに様々な工夫をされてます。特にヒモトレを今も勉強されてるとあってヒモを用いることは多いです。
  参加した受講生の中に顔を下に向けた状態で打つ方がいました。そこで、先生はその方の頭から顎にかけてヒモを巻き、それで打つと打球音が高くなりました。これはその場に居た人には驚愕でした。

>>先日(4/30)はお世話になりました。
>>顔に紐巻いて皆を驚かせた受講生です。自分は背が高く(175cm)、腰が低い位置をキープできないことがミスを生む主な原因と思い込んでおり、頭の位置などは気にしたこともありませんでした。
>>この講習会により打球姿勢への意識、特に骨格で打球するということに気づきを頂きました。
>>ちょっと恥ずかしいけど、顔に紐巻いて練習に取り組みたいと思います。

 

 また私は長年、ショートのオーバーミスが多いのが悩みでしたが、手首付近にヒモを巻いてもらいショートしたら以前より弾道の低い強いボールが打てました。相手をしてくれた○○さんも「ヒモを巻いたら重いボールになった」と言ってくれました。同じ練習でも人によって動作の症状は様々なので、その人に合った改善法を指導し、直ぐその場で結果が出ます。

 

4回の講習会に参加し、重複する内容もありましたが、不思議とマンネリ感はありませんでした。なぜか?それは全て先生はアドリブで話してるからです。参加メンバーのレベルや状態によって腰の使い方ひとつでも思いついたことをすぐ指摘し別の角度から説明してくれるので、毎回違う講習会に参加してるようでした。飽きることなく、時間があっという間に過ぎます。別の言い方をすれば、それだけ奥が深く、学ぶことの量が多いというとです。

 

  講習会で印象に残った言葉がもう一つあります。「正しい動作をすることで本来持っている潜在能力を出せる」と先生は言われました。生まれつきの才能とかセンスなどで実力を決めつけられる風潮がありますが、それとは別に「本当は出来るのに知らないだけで出来ない」としたら、その方法知りたくありませんか? 私はずっと探してました。30年以上やってきましたが、そこで得た知識や経験に自信を持つまでは至りませんでした。そしてXia論法に参加し、今回、布袋先生の指導を受ける機会に恵まれました。

 

 古武術やヒモトレは先生が生み出したのではありませんが、それらを卓球に特化した指導法は布袋先生独自の理論です。既存の理論に囚われず更に上を目指したい方、現状に伸び悩んでいる方、もっと楽に上達したい方など全ての人に知ってもらいたい理論です。
嬉しいことに5月もワンコインで参加できるそうです。ひょっとしたらこれまでの常識を変えるのはこのコミュニティーの人かも知れませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(5)最後は4月22日 23日参加の埼玉県の「アンディーズ」の岸本さん.。岸本さんはこの両日の講習会で習ったことを、帰ってから早速自分のチームで実践してみて、その結果をfacebook上に動画をアップしました。そして、その動画を見たKさんとのやりとりです。(動画はXia論法のコミュニティ内で観てください。)

 

(岸本さん)
〜(略)布袋先生の言う「質」とは本来人間が持っているパフォーマンスを最大限発揮できる動き方、打ち方などを指します。
例えるなら、ハサミをカッターみたいに使っても早く切れない、切りにくいですよね。
ハサミには正しい使い方があり、それが一番ハサミの機能が発揮できます。
間違った使い方で練習しても限界がある。
使い方を間違っていても切れてしますから間違いに気づかない。
それが、正しい使い方で練習するとパフォーマンスにレベルが違います。

 

実際にやっていると一目瞭然です。
本日、練習でチームメンバーとこの間の講習会で教えて頂いた『質』を変える練習をしました。
コメント欄に解説と共に載せますので
まずは観て違いを感じて頂ければ幸いです。

 

1)鎖骨をつまんでのフォアハンド

 

(岸本さん)
最初は普通のフォア
途中から『鎖骨』を意識したフォアです。

 

明らかに球の質が違います。
鎖骨を親指と小指で掴むだけです。

 

最初は普通のフォア
途中から『鎖骨』を意識したフォアです。

 

(Kさん)
インパクトのところでどのような現象が起きているのかは分かりませんが、見て分かるところでは
・摘んでいると、力感があって、身体が流れていない。
・摘む前に比べてラケットが振り切れている。
(前→耳より前の位置でラケットが止まっている。後→耳を通り過ぎて後頭部の手前まで振っている)
ように思います。
なんと凄い(笑)

 

(岸本さん)
これは特に練習しなくて、教えて打たせた1回目です。
本人はいつも通り打ってるだけなんです。これは驚きですよw

 

2)ヒモトレを使ったフォアハンド。巻き方は「腰巻」と呼ばれる巻き方です。

(岸本さん)
ヒモトレを活用した軸がぶれない練習です。
最初は普通のフォア
左足に注目すると分かりやすいですが、無駄な動きが目立ちます。
軸も上下左右にぶれてます。

 

次に紐を巻くだけ
びっくりするほど下半身が安定し、軸がぶれません。
わざとではなく、本人は普段通り打ってるつもりです。

 

3)「前に習え打法」バックハンド編

 

(岸本さん)
最後に
前に習えするだけのバックドライブです。

 

最初は前腕を意識したバックドライブ
裏面を貼って1年半。正直、私なりには精一杯練習してここまで打てるようになったんです。
でも、この間の講習会で『質』が変わりました。

 

ただ、前に習えをするだけです。
パワーが伝わり過ぎです。
※ミスが多いですが、『質』が変わったので後は『量』をこなし身体に定着させるだけです。

 

以上、3件の動画を観て頂ければ
『質』の概念が分かりやすいと思います。

 

(Kさん)
馬龍じゃないですか、コレ!!世界一のバックドライブ!!!

 

(岸本さん)
『質』が違うんですw
最初の打ち方で後何年か練習してもここまでなりませんよね。
たった、一日(10分くらい)でこうなりました
ある意味ショックでしたよ(T . T)
今まで何してたんだろって。。

 

 

 

(岸本さんのチームのURLです。)

アンディーズ

http://andies.wp.xdomain.jp/